1. TOP
  2. コラム
  3. パーソナルトレーニングジムの相場は?普通のジムと比べてどれほど違う?

カテゴリー:

パーソナルトレーニングジムの相場は?普通のジムと比べてどれほど違う?

沖縄にもパーソナルトレーニングを中心とした、あるいは専門とするジムが続々とオープンしています。

こうしたトレーニングジムの料金相場や特徴について知っておくと、美しい体作りへのモチベーションも高まるかもしれませんね。

 

パーソナルジムの魅力と特徴

これまでは野球やサッカーなど、プロスポーツ選手などが利用しているという認識が多かったパーソナルトレーニングジム。しかし、10年ほど前から海外セレブが自身の健康やアンチエイジング、ダイエットなどの目的で通っているといった情報が伝わり、一般の人でも利用者が増えてきました。

男性向け情報誌はもちろん、女性向けのファッション雑誌やテレビなどでも紹介され、中にはパーソナルトレーニングだけを専門とする企業まで登場したほどです。基本的には1対1での指導が中心となり、トレーナーと呼ばれる指導者がフィジカルはもちろん、メンタルコントロール食事内容の指導も行うというのが一般的でしょう。

ジムと言えばマシンを使った高負荷のトレーニングがイメージされますが、個人によって筋肉レベルも異なりますし、ボディメイクの理想像も異なります。そのため、パーソナルトレーニングにおいては必ずしも重量のあるバーベルを持ち上げたり、ハードなトレーニングばかり行うとは限りません。

 

気になる相場は一般的なジムと同じくらい?

料金についてはジムやトレーニング内容によってまちまちなので、一概に「ジムよりも高い料金を払わなければいけない」とは言い切れません。

一般的なジムでかかる諸費用を見ておきましょう。これはあくまで目安なので市営体育館などに設置されているものであればもっと安価になりますし、高級ジムであれば数倍の値段になることもあると覚えておいてください。

通常、入会金は5.000~1万円、月にかかる費用は3万~6万円前後と考えて良いでしょう。ビジターシステムを導入しているジムならば1回あたりの利用料金は2.000~4.000円前後が相場と言えます。

ではパーソナルトレーニングジムの料金形態はどうでしょうか。入会金は3万円前後が相場となっており、高額なところでは数十万円単位になることもあります。ビジターシステムを導入しているところは少なく、継続利用が前提となっていることもあり、月の利用料金は5万~10万円ほどと考えておけば良いでしょう。

やはり、通常のジムよりは費用が高くなるものの、自分に合ったトレーニング方法を知れたり、自身の体質と向き合えるという点ではむしろコストパフォーマンスは良いと言えるかもしれません。

 

トレーニングスタイルはジムごとによって変わる

「そんなに高い料金を支払ってどんなことをしてもらえるの?」と疑問を抱く人もいるでしょう。パーソナルトレーニングの一例をご紹介します。

女性の場合は「部分痩せしたい」「体の歪みを矯正したい」といった体の悩みを解決するために利用する人もいます。その場合はヨガやピラティス、ストレッチや体幹トレーニングを中心に取り入れることもあるため、通常イメージされる“トレーニング”とは大きな違いがあるかもしれません。

食事内容を携帯やスマホなどで撮影し、トレーナーからメニューの改善指導を受けられるなどのプログラムを導入しているところもあります。こう見てみると、同じジムと言っても通常のジムとパーソナルトレーニングジムとではその役割が大きく異なると分かるでしょう。

 

パーソナルトレーニングジムは一般的なジムとは異なるものと言えるでしょう。もちろん両者を値段だけで比較すれば、通常のジムの方がコストが低く移るのは当然です。

しかしながら身につけられる知識や、トレーニングによって起こる体の変化には大きな違いもあるでしょう。体の悩みを解決したい、ダイエットしたいなど通う理由は様々ですが、トレーニングで汗を流すならできるだけ効率よい方法を知りたいと考えるのは当たり前です。

限られた時間の中で自分の体を変え、悩みを解決するためにはパーソナルトレーニングジムが最適解と言えるかもしれません。